5人家族の末っ子ブログ

コラボ商品

コラボ商品ってついつい買いたくなりませんか?それが好きなブランド同士だったら余計にそう思うはず。
でも、そういうのって男の人には理解してもらいづらいですよね〜。
お洒落とか買い物が好きな男の人は別かもしれませんが、大体の男性は嫌がりますよね。

 

我が家の旦那様も嫌がるタイプ。私が買ってきたり、欲しいコラボ商品をチェックしていると「また買うの?」とか「それ本当に必要?」とか言ってくるんです。
でも、コラボ商品ってそのときにしか買えないものも多いからその時に買わないとなくなっちゃうことばっかりですよね?

 

妊娠中はあまり買うのを控えていて、ずっと我慢していたせいか今の反動が余計に酷い気がするのはありますが(笑)
買い物を我慢していた時に買わなかったものは案の定、もう買えなくなってしまっているのでやっぱり買って良かったと思うんです!全く使っていないわけじゃないし、比較的実用的なものを選んでいますから。
それに、自分のお小遣いで買ってるしー・・・もう少し許してくれても良いと思いません?

遅寝遅起きちゃん

子供は早寝早起きちゃん♪なんて、いうのは昔の人で今の子は遅寝遅起きちゃんが増えてきているみたいです。
赤ん坊のうちは皆、早寝早起きにしたいと思ってちゃんと寝かせているのですが、小学校に入るくらいになると自分の意思がはっきりしてきて寝るのが遅くなる子が多くなるみたい。
更に、ゲームができるくらいになるといつまでもゲームをやっていて寝ないとかになるみたいですよ。

 

昔のゲームはそれでもテレビがないとできなかったのですが今はオンラインゲームでパソコンを使用したり携帯ゲームをすることが増えているので親も気づかないようです。
我が家の子供はまだ幼いので八時には爆睡に入っていて、夜遅くまで起きているなんて事はありませんが中学に入る頃には変わってしまうんだろうな〜・・・。
その頃には私が早く寝なさいって言っても聞いてくれないなんて当たり前だし。そう考えると、何だか悲しくなっちゃいますね。

 

便利になればなるほど、楽にはなるのですがこういう意味では考え物です。
昔の人は夜はやることがないから自然と早く寝てたんですけどね〜。

歴女

少し前から歴女が増えているみたいですね〜。そんな私も歴史が好きなので歴史が好きな女性が増えるのは凄くうれしいです♪
私は戦国よりは江戸が好きで新撰組なんて特に好きでした。京都や北海道や多摩に良く遊びに行ったりして同じ所を季節ごとに何回も行ったりしていました。

 

それがかなり前なので、その時はそこにいる人は、おじさんやおばさんばかりで「若い子がこんなところに来るなんて変わってるわね〜」って言われていたものです。
今では若い子がたくさんいて、春休みの時期に行くと卒業旅行とは別に高校生から大学生位の子たちであふれかえっていました。

 

人がいっぱいだとゆっくり観光ができなかったり楽しめなかったりするのは悩みですがお土産の種類が増えたりしていたのは嬉しかったです。
他にもイベント毎が増えていたりして、前よりも見ごたえがあったので人気が出るのも悪くないなーって♪

 

それに、その場で仲良くなった人もいて、これからも女性の人気が増えてくれたら嬉しいなって思っちゃいました(笑)

どんな髪型にしようか迷い中

髪を切りたいなと、思っているこの頃。でも、髪を切ろうと思って美容院へ行っても、いつも迷うのは新しい髪型のこと。
どんな髪型が似合うのか分からなくて短く切りそろえただけで、終わってしまいます。本当は、雑誌に載っているような髪型にもしてみたいんだけれど、うまくいきません。いつも、何センチくらいとか、肩のあたりとか、そんな感じで終わり。
実際のところ、どんなふうに頼めばいいのやら。この前、テレビで人気アニメのキャラの髪型に挑戦した男性がいたけれど、さすがにどのお店でもそういう依頼に応えられるというわけではないと思いますし。ただ、どんな髪型が似合うのか、分からないので、店員さんのほうから提案してくれれば、どんなに助かるか。と、思います。近所の美容院さんにそれを期待するのって、贅沢なものなんでしょうか。
でも、短くする意外のこと、してみたいものです。髪も染めてみたいと思ったことはあるけれど、基本的に面倒くさがりやの私。それを維持することを考えるだけで、面倒くさいと思ってしまうので却下。これじゃ、綺麗になるのは難アリなわけです。
髪型が変わると、気分が変わるし、新しい自分になったような気分になれる。これってすごいこと。
また同じことの繰り返しかもしれないけれど、新しい髪型にできるよう挑戦しに行こうと思います。

 

nikkei BPnet 〈日経BPネット〉:日経BPオールジャンルまとめ読みサイト
http://www.nikkeibp.co.jp/

ボコボコのホンダライフがまさかの5万円

結婚をすることになったため、ファミリーカーを購入するのを機に、18歳から乗っていたライフを売ることになりました。

 

実はこのライフ、あらゆるところにキズがあり、後部のトランクドアも大きく凹んでいたのです。
自動車の免許を取得して初めて乗ることになった車でして、当然運転技術も未熟な私が運転すれば、至るところを擦り、ぶつけ、見る悲惨な状態にでした。

 

新しく買う車の資金になれば幸いでしたが、正直二束三文にしかならないだろうと思って、半ば諦め気味に近所にあるガリバーに行きました。
そこで店員さんに、この車幾らで買い取れますか?と聞いてみたところ、ものすごく困った顔をされて「2万円くらいですかね」と言われました。

 

ボコボコでも初めて乗った思い出のある車が2万円かー、とガッカリ。

 

参考:車売却で買取価格が分かる

 

もちろん高望みはしませんが、もしかしたらと思い、他の業者も回ってみることにしました。

 

とはいっても私の住んでいるところは田舎のため中古車買取業者は先に行ったガリバーの他にはビックモーターしかなく、一縷の望みを持ってビックモーターに行きました。

 

ビックモーターで、先程したのを同じ質問をしてみました。
すると「5万円で買い取りましょう」と嬉しい一言が!
さっきよりも3万円も高いじゃないですか!
もちろんビックモーターで車を購入する条件付きの値段だったのですが、先程の値段を聞いたあとだったので、即決しました。

 

車を売ることは人生で何度もあることではないと思います。
そのために少しでも高く買い取りってもらうためには、多くの業者を回って1番高い値段を査定してもらうことが大切だと痛感しました。

 

いまあなたは車売りたいと思っていますか。もしそうであるならば、是非とも手数料をかけない方法というのを知っておいてもらいたいと思います。この手数料とはまず何なのかといえば、車を売るときにただ車に付けられた買い取り価格だけを取引するのではなく、その中に売るためにかかるもろもろの作業や人件費を手数料としてとるところがあります。

 

これは買い取り会社ではほとんどのところで取られると言っても間違いではなく、あえて無料と加のキャンペーンにしていない限り、いかに安いかが焦点となってきます。そこでなんとかこの手数料の安いところで取引したいというわけですね。そうはいってもなかなか手数料というのは安くなってくれないと思うかもしれません。

 

しかし、買い取り会社はそれぞれが独立して手数料を決めているので、買い取り価格にどの程度影響して採られるのかというのも決まっています。つまり、車を買い取ってもらう価格というのは実際に査定してもらわなければわかりませんが、手数料ならネットや広告で事前に調べて安いところで見てもらうということができるのです

更新履歴